【結婚の仕事】ブライダルプランナーになるには

メイン画像

ブライダルプランナーになるための進路

ブライダルプランナーになるためには、医師や弁護士などのように公的な資格を取得する必要はありません。学歴も不問ですし、出身学部などで有利不利が決まることもないので、多くの人にチャンスが転がっています。しかし、だからと言って誰でも簡単にブライダルプランナーになれるということはないですし、現場で活躍する以上はそれなりの知識やスキルを身に着けるのは必要不可欠です。

今後ブライダルプランナーの道を歩みたいのであれば、このジャンルについて学べる大学や専門学校を選ぶのが最適です。というのも、ブライダルに関してある程度予備知識がある方が、実際の就職の際にアドバンテージになることもあるからです。志望者が多い以上、それだけ競争が激しくなりますから、採用試験の際に少しでもアピール材料になるものを持っているのが理想です。もちろん、法学部や文学部、あるいは経済学部などの学科に進学して、就職活動の際にブライダルプランナー業界を志望することもできます。この場合は予備知識はありませんが、それが面接の場で悪影響を及ぼすことは基本的にありません。

憧れの仕事であるために、ライバルも多いのがブライダル業界です。その反面、強い意志をもって現場で活躍したいと考えている人たちには、非常に大きなやりがいを感じることでしょう。